>

ようこそ
おもちゃ図書館「なかよし文庫」へ


なかよし文庫開設10年の記念にホームページの作成をはじめました。
早いもので今年は25年目になります。おもちゃ図書館「なかよし文庫」をのぞいてみてください。

おもちゃ図書館には、たくさんのおもちゃがあって、ボランティアさんがいて
親子で楽しく遊べます。気に入ったおもちゃを借りることもできます。

おもちゃ図書館「なかよし文庫」
(大阪市福島区大開2−3−5)
ハンディのある子もない子もどなたでも遊びに来てください。
小学校入学前の子どもさんは、保護者の方と一緒に来てください。
第2・4月曜日 3時〜5時
第2・4水曜日 10時半〜12時
第1土曜日 2時〜4時

祝日はお休みです。
年末年始、お盆休みがあります。

  • おもちゃ図書館とは
  • おもちゃ図書館「なかよし文庫」とは
  • なかよし文庫のおいたち
  • このあとの予定
  • なかよし文庫から広がる活動 音楽グループ「ドリーム」
  • 音楽グループ ドリーム(続き)
  • 最近の活動
  • 今までの活動
  • 大阪市おもちゃ図書館連絡会
  • RINA-TU


    なかよし文庫へのおさそい

  • 初めてなかよし文庫を訪れた人は、建てられて、ずいぶんたったビルに、こじんまり
    したエレベーターにどんな所だろうとドキドキするのではないでしょうか?
    でもエレベーターを降りて,入り口の扉?を見たとたん、どこか懐かしい気持になる
    こと、うけあいです。あふれそうな子どものくつ、聞こえてくるみんなの笑い声に
    さそわわれて中に入ると、ほっとさせられる畳の広間に色とりどりのおもちゃと本。
    子どもも大人も一緒になって遊べます。ハンディのある子も、ない子も,お母さんも
    ボランティアも、みんなが楽しい、そんなすてきな「なかよし文庫」
    ぜひあなたもおこしくださいね。
    (福島区社協の方より)

    お礼のことば

    おもちゃ図書館「なかよし文庫」を25年も続けてこられたのは、一番には、
    神崎ビルのオーナーの両親の理解と、協力のおかげでした。はじめた頃は、夏の
    暑い時は、うちわ片手に遊んでいましたが、暑いだろうと、大きなクーラーをつけて
    くれたり、たくさんの子ども達が遊びにやってくるのを、暖かく見守ってくれたこと
    を、本当に感謝しています。大阪の街中にある、このスペースが、どんなに大切な
    物かを、改めて感じております。本当にありがとうございます。(代表 神崎真理子)

    なかよし文庫へのおたよりはこちらへどうぞ

    〒553−0007大阪市福島区大開2−3−5 カンザキビル5F
    TEL・FAX  06−6462−5650